2016年02月18日

こんなことから子宮内膜症がわかる(性交痛)

半数近くに、セックスのときに痛みを感じる「性交痛」がみられます。おなかの中に子宮内膜症の病巣があると、そのあたりに癒着やしこりができることが多く、ペニスが挿入されたり、動いたりすることで力が加わるたぴに、激痛や鈍痛が走るのです。

性交痛があると、パートナーとの関係に大きく影響を与えることも多く、とくに子宮内膜症から不妊の悩みを抱えている場合には、子どもは欲しい、でも痛くてセックスがつらい、という二重、三重の苦しみを抱えることになってしまいます。

心理的な原因によることもありますが、正常位のほかにも体位を工夫するなど、病巣を刺激しないようにすれば、痛みを避けることも可能です。
posted by ネロ at 02:34| 子宮内膜症のチェック