2016年02月18日

こんなことから子宮内膜症がわかる(肛門奥痛・排便痛)

子宮内膜症の病巣が、直腸やその付近にあったり、癒着がその周囲に起きていたりすると、便やガスが通過するときに、痛みを感じます。

排便痛があると、トイレに行くのが怖くなって便秘になったり、肛門奥痛を、痔と勘違いしてしまうことも。

このとき、とくに血便がある場合は、腸の検査をして、直腸の悪性腫瘍でないことを確認する必要もあります。
 
また内診のときに、肛門や膣の奥に痛みを感じることもあります。
posted by ネロ at 02:33| 子宮内膜症のチェック