2016年02月18日

こんなことから子宮内膜症がわかる(生理の経血量が多い、レバー状のかたまりがある)

レバー状のかたまりは7割弱の人が、経血の量いが多い過多月経は半分の人が訴えています。

子宮内膜症のなかでも、とくに子宮腺筋症の場合、子宮全体が大きくなって、生理のときにはがれる子宮内膜や経血量が増えるため、過多月経が多くなります。

ふつう出血すると、血液は固まりますが、生理のときには特別な酵素の働きで分解されるので、サラサラの形で排出されます。

ところが経血量が多いと、この酵素の働きが間に合わないために、溶かしきれなかった血のかたまりが経血に混じってしまうのです。

目に見えてレバー状のかたまりが増えたり、夜用サプキンでも心配なほど経血量が多いようなら、子宮腺筋症の可能性があります。
posted by ネロ at 02:15| 子宮内膜症のチェック